アピールすべき自己PR

就職活動をするうえで必ず押さえておきたいポイントといえば、自己PR。履歴書の自己PR欄、面接での自己PRのチャンスで、自分と他の志望者との違いをアピールし、会社にとって自分がいかに貢献できるかをしっかりアピールしておきたいですね。ここでは自己PRで押さえておきたいポイントについて、ご紹介しています。

<これだけはやるな!自己PRの落とし穴>
自己PRを完璧なものにするため、面接マニュアル、履歴書マニュアルなどのマニュアル本を読んでいる場合、ついついマニュアル本の参考例などを参考に自己PRを書いてしまう人が多いようです。ところが、そういった自己PRは似たり寄ったりになってしまうこともあり、しっかり完璧に書いたつもりが、あまりアピール力のない自己アピールになっていることも! 自己PRを書く時のポイントは、マニュアル通りの自己PRを書かないこと。これは必須と言えるでしょう。

<自己PRは自己紹介ではない>
自己PRの場面で残念ながら自己紹介をしてしまう方が多くみられるようです。会社が求めているのは、自分をしっかりPRできているPR力と理解力。自分の経験談なども踏まえ、自己PRを語っていくのが効果的です。ただ単に「自分の特技は英会話です」というよりも、「特技は英会話で、よく観光でやってきて困っている海外の人のお手伝いをしています」と付け加えたほうが、イメージも伝わりやすいですし、さらに実際英会話力を使って人の役になっていることから、英会話力が本当にあるんだというアピールができますよね。 協調性があることを自己PRでアピールする場合は、「部活動では、チームで一丸となって試合に臨み、インターハイ出場の切符を獲得することができました。チーム内でトラブルがあった場合は、よく相談をされ、問題解決に貢献できて来たと思っています。協調性は高いほうだと思っております。」など、どんな場面で自分の良いところがどういった良い影響を与えたのか、そこをしっかりアピールしましょう。

オンライン英会話を始める前に

情報は常に新しいものを!

私たちみんなが知っていることですが、情報は毎日新しく更新されているのです。ところが、日々忙しいと、ついついニュースなどのメディアだけに情報を頼りがちではないでしょうか?私たちはできれば毎日、自分の生活にかかわる情報はチェックしていきたいものです。そこでここでは、どんな方法で新しい情報を手に入れていけばいいのかについて、例えを提示しつつご紹介しています。

 

<学校・治安関連の情報>

子供さんのいる方は、ぜひ学校のメールマガジンを取得するようにしたいですね。学校ではちょくちょくいろいろな情報を配信しているかと思います。不審者情報についても配信してくれるかと思いますので、小学校・中学校に通うお子さんがいらっしゃる方は、登録するようにしておきたいものです。さらに治安関連の情報は、地域の警察にメールマガジンを登録することで最新情報をもらうことができます。不審者情報が発信されたときには、子供を学校に迎えに行く、さらに公園などに行くという子供に注意をするよう促したり、今日は公園はダメ、といったように対処できるので安心です。

 

<介護関連情報>

祖父母のどちらかで介護が必要、という方は、介護保険情報が毎日更新されているので、とにかく目を通しておきたいですね。介護関連の情報では、新薬のこと、介護上での注意点など、実際に介護に役立つ情報も多いのです。

 

<Googleアプリを使用する>

毎日ニュースをチェックしたいけれど、なかなか時間が取れない、というかたは、無料のGoogleアプリをインストールし、最新ニュースだけでも目を通すようにしたいものですね。

私たちの地域のニュースなども配信されてきたりするので、自分の周りで今どのようなことが起きているのかを知る上でも、使える&頼れるアプリと言えそうです。

 

毎日チェックしたい情報としては、「ニュース」、「治安」、「経済」の3つと言えるでしょう。経済情報も、外で働いている方だけでなく、専業主婦の方も必ずチェックし、世界の流れに乗り遅れないようにしたいものです。

 

就活前にしておきたいこと

これから就職を目指す皆さんは、就職をする前にいったいどのようなことをしなくてはいけないのか、何をしておくべきなのか知っておきたいのではないでしょうか?就活のみならず、転職活動をする前にもやっておいて損はないことについて、ここでは見て行ってみましょう!

 

<コネ作り/人脈を広げること!>

 

みなさんが希望する職業は、どのような職業でしょうか?その職業についている方で知り合いの方は、いらっしゃいますか?そう、就職活動をする前にしておきたいことが、希望する職種についている先輩たちを味方につけることです。「コネ」とまでいかなくとも、その職業を希望するにあたりどのようなスキルが求められているのか、リアルな声を聴くことができます。さらに、もしかしたら「コネ」とまではいかなくとも、知っている人と知らない人で同じ点数の人がいたとしたら、やはり知っている人を採用しようとするのでは?

 

 

<希望する職種についている人の外見をチェック!>

 

希望する職種についている人は、会社でどのようなヘアスタイル、どのような物腰、どのようなスーツやバッグ、靴を身に着けているでしょう。そこをチェックしておくと、自分がその職種になった時をイメージしやすくなり、また面接でも「この子は会社になじみそうだな」と思われるのではないでしょうか。固めのイメージの職種か、規則はゆるめなのか…黒髪のみか、茶髪が多いのか(といっても明るい茶髪は面接には不向きとなりますけれどね)。

 

<就活イベント、セミナーには積極的に参加する>

 

就活イベントやセミナーには、できるだけ積極的に参加し、いろいろな会社の人とコミュニケーションをとってみましょう。会社にはあうあわない、やはりあるかと思います。「こことは合いそう」「この会社の人たちは感じがいいな」と思えば、さらにモチベーションがアップしませんか? 就活イベントで「持っているとよいとする資格」など紹介されていれば、その資格取得は必須です!ぜひ、勉強を頑張り、未来の自分へ投資をしましょう。